ブログ

2021年02月22日

横浜市内の中古マンションを
       丸ごと一軒リノベーション!
 
 
解体から完成まで、回数を分けてご紹介致します。
     第6回では、   在宅で仕事ができる空間づくりと採光の工夫   
                                                              をお伝えします。
 
 
     
 
 
コロナによる環境の変化で、
在宅勤務をされている方も多いかと思います。
通勤時間が減った!と喜ばれる一方、
悩みも生じていると聞きます。
 
例えば・・
自宅での仕事スペースの確保、
仕事とプライベートのオンオフができない、
WEB会議中に家族の声が入ってしまう・・などなど。
 
 
こんなお悩みを解消すべく、
ワークスペースを設けたい方のご参考に!
 
 
今回のリノベーションでは、
寝室となる部屋の一角の小さなスペースに、
書斎空間を設けることにしました。
 
 
廊下との間の壁にFIXの窓を設け、狭さを感じない工夫を。
廊下側の採光と同時に、空間の繋がりを感じさせます。
また、正面上部には開閉できる欄間型窓を設け、
採光と換気ができるようにしました。
 
 

アクセントクロスを使用

廊下側との緩やかな繋がり‥

 
書斎(仕事部屋)である以上は、
仕事をしやすくすることも重要です!
 
 コンセントは多めにしておく、
 インターネット環境は万全にする、
 席を立たずに印刷ができるようにする、
 資料の出し入れがしやすい扉がない棚を付ける
 扉を設けて個室化、防音対策
                   などなど…
 
広さ1.5㎡とコンパクトですが、
                    機能的な空間となりました
 
窓を設けるなど、大掛かりな工事は難しくても、
スペース作りのリフォームは工夫次第です!
気になりましたら、是非、ご相談下さい。
 
 
 
完成も間近!
どんなお住まいへと変わっていくのか、
どうぞお楽しみに!!
 
【参考事例はこちら】
 
 
ご質問ご相談はハウスリノベーション・マドエまで・・・